コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーナボインビジターセンター ブルーナボインビジターセンター Bru Na Boinne Visitor Centre

1件 の用語解説(ブルーナボインビジターセンターの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブルーナボインビジターセンター【ブルーナボインビジターセンター】
Bru Na Boinne Visitor Centre

アイルランド東部、首都ダブリン(Dublin)北西約60kmのボイン川中流域の渓谷沿いにある、先史時代の遺跡群。◇「ブルーナボイン」は「ボインの宮殿」という意味。ピラミッドよりも古い5000年以上前につくられた世界最古のアーチ屋根の建造物である巨大古墳ニューグレンジNewgrange)や、ノウス(Knowth)、ドウス(Dowth)などの墳墓や立石(たていし)が有名である。鉄器時代の遺跡のあるタラの丘も、この渓谷一帯の遺跡群の一つである。アイルランドの国定史跡、世界遺産ボイン渓谷の遺跡群)に登録されている。なお、ニューグレンジとノウスは、ガイドツアーに参加しないと見学できない。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーナボインビジターセンターの関連キーワードアイルランドダブリン愛蘭エニスケリーグラフトンストリートダブリン城ダンレアリーダブリン会議アイルランド国立交響楽団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone