コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーミート

1件 の用語解説(ブルーミートの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ブルーミート

 青斑,青肉ともいう.カニやマグロなどを蒸煮したときに青色に変化する現象で缶詰にも発生する.カニではヘモシアニンが,マグロではミオグロビンが変化して青色もしくは青に近い緑色になるとされる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のブルーミートの言及

【青肉】より

…TMAOは還元されると魚介類特有のなまぐさい臭いをもつトリメチルアミンを生成するが,この変色肉も一般に独特の臭気を伴う。 色調が類似しているものにブルーミートblue meatというのがあるが,これは加熱したカニ肉にみられる青変肉を指す。煮熟したカニやカニ缶詰の肉が淡青色から灰青色に変色したり,濃い青色の色斑を生じたりすることがある。…

※「ブルーミート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone