コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレゼ(英語表記)braiser

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレゼ
ぶれぜ
braiserフランス語

肉類を油脂で炒(いた)めて色付けしてから少量のだし汁で蒸し煮にする料理。つまり、炒め焼きと蒸しの二つを取り合わせ、固い鳥獣肉類を蒸し煮にする調理法である。使用する鍋(なべ)は、肉の塊よりやや大きめの蓋(ふた)付き鍋で、蒸気が十分にこもるように、材料を入れるといっぱいになる大きさがよい。炒めた肉や野菜類をこの鍋に入れ、ワイン、ブイヨン、水などを、材料の3分の1がつかるぐらいに入れる。煮込みではないので水分が多すぎないように、蒸気と香気が逃げないように鍋を密封する。弱火で静かに、気長にときどき材料の向きを変えて、蒸すように仕上げる。鍋ごと天火の中に入れて仕上げることもある。
 また魚のブレゼもあり、この場合、魚は炒めないで蒸し煮をし、たまった汁でつくったソースを添える。[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブレゼの関連情報