コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレホン法 ブレホンほうBrehon Laws

世界大百科事典 第2版の解説

ブレホンほう【ブレホン法 Brehon Laws】

古代アイルランド人の諸権利および慣習をまとめた法律の総称。当時の専門の法律家階級がブレホンと呼ばれていたことからこの名がある。最初に文字で記されたのは550年から600年のころで,740年ころに集大成された。現存する写本は15世紀のものであるが,古代アイルランド語で書かれており,7~8世紀アイルランド社会を知るうえでも貴重な文献となっている。この法に定められていた男子均分相続土地所有(ガベルカインドgavelkind)の慣習は1606年に裁判で違法とされ,また,同法による族長後継者を族長在世中にその親族から選挙する制度(タニストリーtanistry)も1608年にイギリスの王座裁判所で違法と判決された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android