コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブワケ Bouaké

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブワケ
Bouaké

コートジボアール中部の都市。ブワケ県の県都。アビジャン北北西約 280kmに位置。 1899年フランス軍駐屯地として建設。 1912年鉄道が開通。同国で最も人口密度の高い中部の農業地帯の中心都市で,綿花をはじめコーヒー,カカオなどの集散が盛ん。綿紡績工場 (1922) のほかタバコ,サイザルアサ,米などの加工場がある。ゾウ,アフリカスイギュウなどの大型獣のかつての狩猟地としても知られる。国内空港がある。人口 22万 (1984推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブワケの関連キーワードコルホゴダロアマン

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android