コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブントシューの一揆 ブントシューのいっきBundschuh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブントシューの一揆
ブントシューのいっき
Bundschuh

15世紀末以降,南西ドイツに起った一連の農民一揆で,ドイツ農民戦争につながる。ブントシューとは,長い締め紐のついた農民の皮靴のことで,これを旗印とし,また組織名とした。 1493年アルザス地方に起り,1502年にはヨス・フリッツに指導されたシュパイエル司教領の農民,手工業者が中心となった。 13年上ライン地方にも一揆の動きがあったが,事前に発覚して鎮圧された。 17年シュワルツワルトで再びヨス・フリッツが一揆を企てたが,これも事前に発覚し失敗した。これらの一揆には「ジギスムントの改革案」の影響が強く,「神の権利」の名において農奴制の撤廃,村落共有地の開放,諸負担の免除などのほか,ときには帝国国制の改革をも要求した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブントシューの一揆の関連キーワードジギスムント

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android