コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プシュカラ[湖] Puṣkara

1件 の用語解説(プシュカラ[湖]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プシュカラ[湖]【Puṣkara】

インド,ラージャスターン州アジュメール市の北方36kmにある湖。ポーカルPokharとも呼ばれる。プシュカラは〈青蓮華〉のことで,ヒンドゥー教徒はこの地を創造神ブラフマー(梵天)の聖地としている。ブラフマー神はかつて蓮華を手にしてこの地を訪れ,そこで神々を破滅させようと苦行をしていた悪魔バジュラナーバを発見した。するとその時ブラフマーの手から突然蓮華が落ち,その大音響と震動のため悪魔が死んだので,以後その地をプシュカラと呼ぶようになったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プシュカラ[湖]の関連キーワードブリュメール十八日ラージャアジャスターアジャストゴージャスジャイプールシュメール文字ヒュメーンアジャスタブルラジャスタン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone