コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プジャンガ pujangga

1件 の用語解説(プジャンガの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プジャンガ【pujangga】

インドネシア,ジャワの伝統的諸王国における宮廷詩人で,王権の秘義を伝えた。マジャパイト王国時代に長編叙事詩ナーガラクルターガマ》を編んだプラパンチャマタラム歴代の王に仕えたヨソディプロ1世,2世,ロンゴワルシトなどが代表的とされる。プジャンガはその韻文詩によって王の事績をたたえ,王国の年代記を編むことによって王と王国の正統性を保証するとともに,秘義としてある伝統的知恵の体現者であった。しかし,19世紀に4王侯家に分裂したマタラム王国オランダに対する無力が明らかとなり,またオランダ・ジャワ学によって古ジャワの言語,文学,芸術が征服されるなかで,ロンゴワルシトを最後としてその系譜は絶えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone