コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プジャンガ pujangga

世界大百科事典 第2版の解説

プジャンガ【pujangga】

インドネシア,ジャワの伝統的諸王国における宮廷詩人で,王権の秘義を伝えた。マジャパイト王国時代に長編叙事詩《ナーガラクルターガマ》を編んだプラパンチャマタラム歴代の王に仕えたヨソディプロ1世,2世,ロンゴワルシトなどが代表的とされる。プジャンガはその韻文詩によって王の事績をたたえ,王国の年代記を編むことによって王と王国の正統性を保証するとともに,秘義としてある伝統的知恵の体現者であった。しかし,19世紀に4王侯家に分裂したマタラム王国のオランダに対する無力が明らかとなり,またオランダ・ジャワ学によって古ジャワの言語,文学,芸術が征服されるなかで,ロンゴワルシトを最後としてその系譜は絶えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

プジャンガの関連キーワードタクディル・アリシャバナアミール・ハムザープジャンガ・バルインドネシア文学アルメイン・パネH.B. ヤシン東南アジア文学アリシャバナヤシンハムカ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android