プッシュ型マーケティング(読み)プッシュがたマーケティング(英語表記)push marketing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プッシュ型マーケティング
プッシュがたマーケティング
push marketing

メーカーが自社製品マーケティングするときに,自社流通チャネル流通業者能力を積極的に利用しようというスタイルプル型マーケティングとは逆のタイプとして存在する。メーカーは流通企業を使ってその店頭での消費者への推奨販売を行なうことが焦点になる。そのためには,流通業者に安定した高いマージンを提供することが不可欠であり,流通チャネルを限定し,価格を維持するなどの工夫が必要になる。製品の導入期などに,消費者に製品の意味や用途や使い方についての詳しい説明が不可欠であるときに有効なマーケティング・スタイルになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android