コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プトレマイオス15世カエサル プトレマイオスじゅうごせいカエサルPtolemaios XV Caesar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プトレマイオス15世カエサル
プトレマイオスじゅうごせいカエサル
Ptolemaios XV Caesar

[生]前47.6.
[没]前30
プトレマイオス朝最後の王 (在位前 44~30) 。クレオパトラ7世の子。父はユリウス・カエサルといわれ,カイサリオン (小カエサル) とも呼ばれた。前 46年に両親に伴われてローマに滞在中,カエサルから正式に認知された。エジプトに帰国後,母クレオパトラとともに王位についた。クレオパトラの野心は彼をローマ王にすることであった。のちにクレオパトラと M.アントニウスが結ばれると,15世は「諸王の王」と称された。しかしアクチウムの戦いでアントニウスが敗れると,クレオパトラはカイサリオンを紅海に面した港ベレニケに送って亡命させようとしたが,オクタウィアヌス (のちのアウグスツス ) によってアレクサンドリアに連れ戻され,処刑された。ここにプトレマイオス朝約 300年の歴史は終りを告げた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

プトレマイオス15世カエサルの関連キーワードカエサリオンオッピウス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android