プノンバケン(英語表記)Phuom Bakheng

デジタル大辞泉の解説

プノン‐バケン(Phuom Bakheng)

カンボジア北部、アンコールにあるヒンズー教寺院の遺跡。アンコールトムの南約400メートル、アンコール三聖山の一つ、プノンバケンの丘の上に位置する。9世紀末から10世紀初頭にかけて、クメール王朝のヤショーバルマン1世が環濠(かんごう)の都城ヤショダラブラを建設。その中心を須弥山に見立て、同寺院を建立。5層の基壇の上に五つの祠堂がある。1992年、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android