コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プライス・ライン price line

流通用語辞典の解説

プライス・ライン【price line】

設定したプライス・ゾーンの範囲に展開する価格。プライス・ゾーンは5000円〜9000円といった価格帯(ゾーン)をいうのに対し、プライス・ラインは、5500円とか、6800円とか、8000円と価格そのものをいう。プライス・ラインは各プライス・ゾーンの中に設定され、それぞれに販売の主力になる商品に主力プライス(PP;プライス・ポイント)を設定し、消費者がもっとも買いやすい価格を設定する。主力プライス・ラインの高低に補助プライス・ラインを設定し、主力プライス・ラインに満足しない消費者の需要を吸引する役割を果たすことになる。ゾーンの中であまりにも多くプライス・ラインを設定すると消費者は逆に混乱するのでプライス・ライン設定は注意が必要。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

プライス・ラインの関連キーワードビジネスモデル特許

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android