コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラシノ藻類 プラシノそうるい Prasinophyceae

1件 の用語解説(プラシノ藻類の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プラシノそうるい【プラシノ藻類 Prasinophyceae】

クリステンセンT.Christensenが1962年に緑藻綱から分離して創設した植物分類系の1綱。光合成色素クロロフィルaとクロロフィルbをもち,デンプンを貯蔵する点は緑藻類に似るが,光合成の主要な初期産物がマンニットであること,細胞壁の主要構成物質がセルロースでなく,加水分解によりガラクトースウロン酸を生成する物質であること,鞭毛の表面に鱗片や小毛をもつことなどがおもな差異点である。生殖は遊走子による無性生殖のみが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プラシノ藻類の関連キーワードアポクリン腺クリスティクリスティアンサン点線エステンセ城システミックリスククリスティンクリスティーン北極戦線クリステンセン現象

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone