プリペイド式携帯電話(読み)ぷりぺいどしきけいたいでんわ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プリペイド式携帯電話

購入したプリペイドカードの金額分まで通話できる携帯電話。1998年10月にサービスが開始された。プリペイドカードを使い切った後も、別途プリペイドカードを購入することで、携帯電話本体は続けて利用できる。利用者にとっては通話料金が把握しやすい、事業者にとっては料金徴収漏れがないというメリットがある。匿名で購入できることを悪用した犯罪が急増したため、2000年7月以降、購入時には、身分証明書の提示が義務づけられている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android