身分証明書(読み)みぶんしょうめいしょ

知恵蔵の解説

古物商営業許可登録などの場合には、本籍地の市区町村長が発行する身分証明書が必要。法令上は税務職員など特別の権限がある公務員に交付される書面を指す。

(浦野広明 立正大学教授・税理士 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

古物商営業許可登録など一定の場合には、本籍地の市区町村長が発行する身分証明書が必要となる。法令上は、税務職員など特別の権限を有する公務員に、権限を行使する際にその地位を証明するため交付されている書面を指す。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

会社・学校などの団体が発行する、その人がそこに所属していることを証明する文書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 官庁、学校、会社などで、その所持者がそこに所属している官吏、職員、学生、社員などであることを証明する文書。
※浅草紅団(1929‐30)〈川端康成〉四〇「彼等の千社札は、〈略〉また時としては、彼等の名刺となり、身分証明書(ミブンショウメイショ)となり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の身分証明書の言及

【鑑札】より

…相手方に一定の資格を生ぜしめるような行政庁の許可,免許,登録,公証その他の処分がなされたときに,それら許可等のあったことを公に証明する物(証票)が相手方に交付される場合があるが,戦前の営業取締法令では,しばしばこれを〈鑑札〉と称していた(例,旧薬品営業並薬品取扱規則(1889公布)に定める薬種商の免許鑑札)。今日の法令では,一般に〈鑑札〉ではなく,〈許可証〉(例,古物商・質屋等の許可の場合),〈免許証〉(例,麻薬取扱者の免許の場合),〈身分証明書〉(例,医薬品配置販売業の許可の場合)等の語が用いられる。営業取締法令以外に〈鑑札〉の語が使われていた例としては,総トン数20トン未満の船舶の船籍を証明するための〈船鑑札〉の制度があったが,現在では〈船籍票〉の制度に改められている。…

※「身分証明書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

身分証明書の関連情報