プレヤデス(読み)ぷれやです(英語表記)Pleiades

翻訳|Pleiades

日本大百科全書(ニッポニカ)「プレヤデス」の解説

プレヤデス
ぷれやです
Pleiades

おうし座にある散開星団。M45と同じもの。日本でも古くより「すばる」「六連(むつらぼし)」の名で知られる。中国名は「(ぼう)」。太陽から408光年の距離にある。年齢は推定5000万年で、散開星団では若いほうに入る。近年の研究では、2000個以上の星々が直径120光年以上にも広がってつくる大星団であることがわかってきた。総質量は太陽の1000倍ないしそれ以上といわれる。星団の中心部分では星々が秒速700メートルで飛び回っているという研究報告もある。

 プレヤデス全体は、いわゆるRアソシエーションとよばれる反射星雲の群で取り囲まれており、長時間露出した写真では雲のように写る。これはプレヤデスにある宇宙塵(じん)が明るい星々の光を反射しているためである。

 星団のなかのとくに明るい6個の星(スペクトル型B)には、ギリシア神話に登場する巨人アトラスの6人の娘の名前がつけられており、肉眼でも識別可能である。

[吉澤正則]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android