コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おうし座 おうしざ Taurus

翻訳|Taurus

2件 の用語解説(おうし座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おうし座
おうしざ
Taurus

牡牛座。1月下旬の宵に南中する北天の星座。概略位置は赤経 4時30分,赤緯 18°。牡牛の姿はギリシア神話ゼウスの化身であり,占星術では黄道十二宮の第2番目。α星アルデバランは全天最輝星の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おうし座
おうしざ / 牡牛座

冬の宵、ほとんど頭上に見える星座。黄道十二星座の一つで金牛宮。明るい二つの散開星団が目をひく。一つは牡牛の顔の部分で、V字形に星の群がったヒヤデス星団である。中に赤みを帯びた1等星アルデバランを含んでいる。ただし、ヒヤデス星団の星が距離149光年のところにあるのに対し、アルデバランはずっと手前の65光年のところにある。たまたま方向が同じなので重なって見えるだけで、両者は無関係である。もう一つは、牡牛の肩先に群れるプレヤデス星団。6~7個の星が一塊になったようすは肉眼でもよくわかる。ギリシア神話ではオリオンに追われ星になったプレイアデスの7人姉妹からきている。日本名はすばる(昴)。清少納言の『枕草子(まくらのそうし)』のなかでも「星はすばる……」とその美しさをたたえられている。おうし座は大神ゼウスがエウロペをさらったときに変身した雪のように白い牛の姿とされている。角(つの)の先端ζ(ゼータ)星の近くには1054年の超新星爆発の残骸(ざんがい)として有名な、かに星雲M1がある。[藤井 旭]
『野尻抱影著『野尻抱影の本1 星空のロマンス』(1989・筑摩書房) ▽瀬川昌男著『星と星座と宇宙の旅4 冬の星と星座』(1997・小峰書店) ▽藤井旭著『最新 藤井旭の四季の星座教室』(2001・誠文堂新光社) ▽藤井旭著『星座大全――冬の星座』(2003・作品社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おうし座の関連キーワード海豚座海蛇座旗魚座髪座烏座小狐座琴座楯座炉座牛飼座

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おうし座の関連情報