コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロウォカティオ provocatio

世界大百科事典 第2版の解説

プロウォカティオ【provocatio】

古代ローマ共和政期に,市民はディクタトルを除く高級政務官による死刑や笞刑,さらに高額の罰金刑の宣言に対し,民会ないし所管法廷に提訴する権利を有した。この提訴をプロウォカティオといい,これは外国人と区別してローマ市民の基本的人権を保障する特権であった。その起源は共和第1年(前509年とされる)のウァレリウス法と伝えられるが,これは疑わしく,前300年とする説もある。当初この特権を行使できる範囲は,ローマ市域内に限られていたが,前2世紀初頭のポルキウス法により,それはローマ市域外(イタリアおよび属州)の市民にも適用されることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロウォカティオの関連キーワードインペリウム

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android