コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロカインアミド プロカインアミド procaine amide

1件 の用語解説(プロカインアミドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロカインアミド
プロカインアミド
procaine amide

プロカインのエステル結合アミド結合に変えた化合物。不整脈治療剤である。作用はプロカインに類似しているが,中枢神経に対しては弱く,心臓に対して強いという利点がある。循環器作用は,心筋の収縮力をほとんど抑制しないこと以外はキニジンとほぼ同じで,心筋興奮性,刺激伝導の抑制,心房不応期延長を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプロカインアミドの言及

【心臓薬】より

強心薬
[抗不整脈薬]
 心臓拍動の乱れが不整脈で,これを治療する薬物をいう。代表的なものはキニジンとプロカインアミドである。キニジンは,マラリア治療薬キニーネ投与時に不整脈が改善されることから見いだされたもので,キニーネの光学異性体である。…

※「プロカインアミド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プロカインアミドの関連キーワードリガーゼペプチド結合ポリエステルフィルムチオエステル結合アミド窒素イソペプチド結合エステル結合酵素加水分解ステロイド結合タンパク質ホスホジエステル結合

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone