プロクルス派(読み)プロクルスは(英語表記)Proculiani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロクルス派
プロクルスは
Proculiani

1世紀前半,アウグスツス時代のローマの法律家の学派。法学者プロクルスからその名がつけられたが,事実上は彼の師ラベオがその祖とされる。サビヌス派とともに当時の法学の二大潮流をなし,政治,法律論に関し対立を続けたが,特定の主義,主張の相違があったわけではない。2世紀後半に消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のプロクルス派の言及

【ラベオ】より

…南部イタリアの家系に属し,法務官は務めたが,アウグストゥス帝により提供されたコンスルの職を拒否したことが伝えられる。法学上の問題にしばしば新しい道を切り開き,また,哲学,弁論術,文法学などに幅広く通じ,すでに存命中より法学者としてきわめて高い評価が与えられ,プロクルス派(プロクルスS.Proculusを中心とするローマ法学の学統)の祖とする伝承も存在する。《法務官告示注解》《解答録》《書簡集》のほか,《十二表法注解》《神官団法論》など広い範囲にわたって400巻に達すると伝えられる多数の著作を残し,その後の法学者にきわめて大きな影響を与えた。…

※「プロクルス派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android