コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロトクラスティック組織 プロトクラスティックそしき protoclastic texture

1件 の用語解説(プロトクラスティック組織の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

プロトクラスティック組織

一部が結晶化したマグマの流動によって,鉱物の部分が互いに破砕され摩滅された組織.火成岩結晶作用のほとんど終わった時期に差動運動を受けて,マグマ内に早期に晶出した構成鉱物が粒状化してできる組織.変形して歪をもつ鉱物が細粒になり,再結晶して歪をもたなくなった鉱物からなる基質の中に,粒状化をまぬがれて歪を残し,十字ニコル下で波状消光を示す鉱物が砕残擬斑晶(porphyroclast)として残る.変形した構造であるが一時的な変成作用を受けて形成されたものではない[Brögger : 1890, 片山他編 : 1970].班晶のような初期に形成された鉱物が,完全に固結する以前に差別的な動きによって破砕され周囲が細粒となったもの[Bowes : 1989].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロトクラスティック組織の関連キーワード結晶化度プロトクラシス線状流動構造プロトメタモルフィック直線流状構造配向組織再生マグマベンチ・マグマ底部結晶作用流動分化作用

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone