コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロトクラスティック組織 プロトクラスティックそしきprotoclastic texture

岩石学辞典の解説

プロトクラスティック組織

一部が結晶化したマグマの流動によって,鉱物の部分が互いに破砕され摩滅された組織.火成岩が結晶作用のほとんど終わった時期に差動運動を受けて,マグマ内に早期に晶出した構成鉱物が粒状化してできる組織.変形して歪をもつ鉱物が細粒になり,再結晶して歪をもたなくなった鉱物からなる基質の中に,粒状化をまぬがれて歪を残し,十字ニコル下で波状消光を示す鉱物が砕残擬斑晶(porphyroclast)として残る.変形した構造であるが一時的な変成作用を受けて形成されたものではない[Brögger : 1890, 片山他編 : 1970].班晶のような初期に形成された鉱物が,完全に固結する以前に差別的な動きによって破砕され周囲が細粒となったもの[Bowes : 1989].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

プロトクラスティック組織の関連キーワード原生砕屑組織

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android