コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロドロモス Prodromos, Theodōros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロドロモス
Prodromos, Theodōros

ビザンチンの詩人,散文作家。 12世紀の文芸復興期の代表的作家の一人。伝未詳。コンスタンチノープルで教師をしていたともいわれる。代表作は恋愛物語詩『ロダンテとドシクレス』 Ta kata Rodanthēr kai Dosiklea (9巻) ,風刺的劇詩『猫とねずみの戦争』 Katomyomachia。そのほか韻文ではエピグラム,天体や歴史を歌った詩など多数の作品があり,詩形は 12音節詩。散文では文芸や哲学に関するルキアノスばりの対話や文法書,聖歌の注解などがある。なおプトコプロドロモスの名で伝わる口語の一連の詩が,プロドロモスの手になるものか否かははっきりしない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プロドロモスの関連キーワードビザンティン文学トロードス山脈