コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロピュロン propylon; propylaea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロピュロン
propylon; propylaea

古代ギリシアの神域,宮殿,公共建造物のモニュメンタルな前門をさす。プロピュライアとも呼ばれる。クレタ=ミケーネ時代やトロイにすでに存在した。一般に3つの入口を有していたが,ギリシアの古典時代には神殿の入口に壮麗な列柱門を形成した。特に有名なのはアテネのアクロポリスのもので,前 438~432年にムネシクレスによって造られたと考えられている (→アクロポリス ) 。ドーリス様式で,内部にはイオニア式の列柱がある。近代のものではベルリンのブランデンブルク門 (1789~94) や L.クレンツェによるミュンヘンのプロピュロン (1862) などが知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プロピュロンの関連キーワードシュワンターラー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android