コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロ編入試験 ぷろへんにゅうしけん

1件 の用語解説(プロ編入試験の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

プロ編入試験

奨励会を経ずに直接プロ棋士になるための試験。2005年、プロ公式戦で7割を超す勝率を挙げていた、元奨励会員でアマチュアの瀬川晶司に対し、61年ぶりに特例として実施された。棋士、奨励会員、女流棋士の6人と対局し、3勝で合格とされていたが、瀬川は05年11月、2勝2敗からの5戦目で勝利し、四段となった。その後、制度化が検討され、06年7月、プロ公式戦で10勝以上かつ6割5分以上の成績を収めたアマチュア、女流棋士が希望すれば受けられる新制度ができた。試験は四段の棋士5人と対局して3勝で合格とし、フリークラスに編入される。

(村上耕司 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロ編入試験の関連キーワード高畑翠石野村素軒順位戦奨励会直納短絡反応直轄水になる塩水注射器将棋連盟の研修会

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロ編入試験の関連情報