コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロ編入試験 ぷろへんにゅうしけん

知恵蔵の解説

プロ編入試験

奨励会を経ずに直接プロ棋士になるための試験。2005年、プロ公式戦で7割を超す勝率を挙げていた、元奨励会員でアマチュアの瀬川晶司に対し、61年ぶりに特例として実施された。棋士、奨励会員、女流棋士の6人と対局し、3勝で合格とされていたが、瀬川は05年11月、2勝2敗からの5戦目で勝利し、四段となった。その後、制度化が検討され、06年7月、プロ公式戦で10勝以上かつ6割5分以上の成績を収めたアマチュア、女流棋士が希望すれば受けられる新制度ができた。試験は四段の棋士5人と対局して3勝で合格とし、フリークラスに編入される。

(村上耕司 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

プロ編入試験の関連キーワード奨励会

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プロ編入試験の関連情報