ヘイマエイ火山(読み)へいまえいかざん(英語表記)Heimaey Volcano

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘイマエイ火山
へいまえいかざん
Heimaey Volcano

アイスランドの南岸から25キロメートル沖にある火山島。アイスランド中央部を横断する東火山帯の最南端に位置するウエストマン火山島群の一つで、火山名はエルフェルともいう。標高279メートル。1963~67年の海底噴火によって誕生したスルツエイ島はこの島の20キロメートル南西にある。ヘイマエイの73年の噴火では玄武岩の割れ目噴火がおこり、溶岩流がアイスランド最大の漁港町ベストマンナエイヤルに流れ込んだ。住人は迫りくる溶岩の先端に海水を放水し続け、溶岩を固まらせてその流れを変え、町が破壊されるのをくいとめた。[中田節也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android