コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘウゲスン Haugesund

世界大百科事典 第2版の解説

ヘウゲスン【Haugesund】

ノルウェー南西部のローガラン州北西部の港湾都市。人口2万7008(1981)。ベルゲン~ニューカスル・アポン・タイン航路等多くの船便が寄港し,海運業と造船所(4社),カルム島にあるアルミニウム工場が数千人の市民を雇っている。発祥は春季漁のニシン塩漬け場であったが,ニシンの好景気に伴って発展し,1866年に町となった。ハーラル1世(美髪王)の墓と伝えられる遺跡がある。【菅原 邦城】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android