菅原(読み)スガワラ

デジタル大辞泉の解説

すが‐わら〔‐はら〕【×菅原】

スゲの生えている野。すげはら。
「ま玉つく越(をち)の―われ刈らず人の刈らまく惜しき―」〈・一三四一〉

すがわら【菅原】[姓氏]

姓氏の一。もと土師(はじ)氏。古人(ふるひと)のとき、菅原と改めた。文章家として代々学者を輩出。道真は右大臣に進んだ。中世には、高辻・五条・東坊城・唐橋などの諸家に分かれた。
[補説]「菅原」姓の人物
菅原清公(すがわらのきよきみ)
菅原是善(すがわらのこれよし)
菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)
菅原為長(すがわらのためなが)
菅原文時(すがわらのふみとき)
菅原道真(すがわらのみちざね)

すげ‐はら【×菅原】

スゲの生えている野原。すがわら。
「言(こと)をこそ―と言はめあたら清(すが)し女(め)」〈・下・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すがわら【菅原】

スゲの生えている原。すげはら。

すがわら【菅原】

姓氏の一。菅家ともいう。もと土師はじ氏を称したが居地にちなんで改姓。平安時代以降、大江氏と並んで、代々学問の家として有名。中世には高辻・五条・東坊城・唐橋などの家に分かれた。

すげはら【菅原】

スゲの生えている原。すがわら。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すが‐はら【菅原】

[1] 〘名〙 ⇒すがわら(菅原)(一)
[2] 新潟県上越市の地名。上代は物部氏の領地で、古墳群(菅原古墳)がある。歌枕

すがはら【菅原】

すが‐わら ‥はら【菅原】

[1] 〘名〙
① 菅(すげ)の生えている原。すげはら。
古事記(712)下・歌謡「八田の 一本菅(ひともとすげ)は 子持たず 立ちか荒れなむ あたら須賀波良(スガハラ)
② カルタ、花札をいう、盗人・賭博仲間の隠語。
※あの道この道(1928)〈十一谷義三郎〉一「からす、とう一、青丹、菅原など」
※雑俳・柳多留‐一〇四(1828)「菅原のあれ場をかたるざくろ口

すがわら すがはら【菅原】

(「すがはら」とも) 姓氏の一つ。

すげ‐はら【菅原】

〘名〙 =すがわら(菅原)(一)①
※古事記(712)下・歌謡「八田の 一本菅は 子持たず 立ちか荒れなむ あたら菅原(すがはら) 言をこそ 須宜波良(スゲハラ)と言はめ あたら清(すが)し女(め)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菅原の関連情報