発祥(読み)ハッショウ

  • はっしょう ‥シャウ
  • はっしょう〔シヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
天命を受けて天子となるめでたいしるしが現れること。帝王やその祖先が生まれ出ること。
物事が起こり現れること。「オリンピックの発祥した地」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
詩経 商頌、長発 天子となるめでたいしるしがあらわれること。
物事が起こりあらわれること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (「詩経‐商頌・長発」の「濬哲維商、長発其祥」による) 天命を受けて天子となるめでたいしるしが現われ出ること。また、帝王やその祖先が生まれ出ること。ふつう、国家が起こる発端などをさす。〔班固‐典引〕
物事が初めてそこに起こること。物事の起こり。
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉七「先代守田勘弥は三度刮目して喜昇座の発祥(ハッシャウ)を祝せざるを得なかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発祥の関連情報