発祥(読み)はっしょう

精選版 日本国語大辞典「発祥」の解説

はっ‐しょう ‥シャウ【発祥】

〘名〙
① (「詩経‐商頌・長」の「濬哲維商、長発其祥」による) 天命を受けて天子となるめでたいしるしが現われ出ること。また、帝王やその祖先が生まれ出ること。ふつう、国家が起こる発端などをさす。〔班固‐典引〕
② 物事が初めてそこに起こること。物事の起こり。
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉七「先代守田勘弥は三度刮目して喜昇座の発祥(ハッシャウ)を祝せざるを得なかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「発祥」の解説

はっ‐しょう〔‐シヤウ〕【発祥】

[名](スル)
天命を受けて天子となるめでたいしるしが現れること。帝王やその祖先が生まれ出ること。
物事が起こり現れること。「オリンピックの発祥した地」
[類語]出現現れ現出実現発現再現輩出現れる表現誕生現前具現顕現体現示現開示発露流露出土日の目を見る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android