コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘキソーゲン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘキソーゲン
へきそーげん
hexogen

シクロトリメチレントリニトラミンcyclo-1,3,5-trimethylene-2,4,6-trinitramineの慣用名。RDX(research department explosiveの略)、シクロナイトなどの別名でもよばれる。分子式C3H6N6O6、分子量222。第二次世界大戦中に大量に用いられるようになった高性能軍用爆薬。外国では単独で雷管の添装薬として使われている。シクロトールやコンポジションBのようなトリニトロトルエン(TNT)との2成分混合爆薬の成分として炸薬(さくやく)にもっとも多く使われている。爆速は比重1.77で毎秒8700メートル、爆発熱は1キログラム当りおよそ5941キロジュールで、現存する高性能爆薬の一つである。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘキソーゲンの言及

【シクロトリメチレントリニトラミン】より

RDX,ヘキソーゲン,シクロナイトなどとも呼ばれ,第2次大戦中に大量に用いられるようになった高性能爆薬。単独では雷管の添装薬に使われている。…

※「ヘキソーゲン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘキソーゲンの関連キーワードシクロトリメチレントリアミントリニトロトルエン吉田忠雄軍用火薬無煙火薬軍用爆薬導爆線雷管炸薬

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android