ヘキソーゲン(読み)へきそーげん(英語表記)hexogen

日本大百科全書(ニッポニカ)「ヘキソーゲン」の解説

ヘキソーゲン
へきそーげん
hexogen

シクロトリメチレントリニトラミンcyclo-1,3,5-trimethylene-2,4,6-trinitramineの慣用名。RDX(research department explosiveの略)、シクロナイトなどの別名でもよばれる。分子式C3H6N6O6、分子量222。第二次世界大戦中に大量に用いられるようになった高性能軍用爆薬。外国では単独で雷管の添装薬として使われている。シクロトールやコンポジションBのようなトリニトロトルエン(TNT)との2成分混合爆薬の成分として炸薬(さくやく)にもっとも多く使われている。爆速は比重1.77で毎秒8700メートル、爆発熱は1キログラム当りおよそ5941キロジュールで、現存する高性能爆薬の一つである。

[吉田忠雄・伊達新吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「ヘキソーゲン」の解説

ヘキソーゲン
ヘキソーゲン
hexogen

[同義異語]シクロトリメチレントリニトロアミン

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディア「ヘキソーゲン」の解説

ヘキソーゲン

シクロトリメチレントリニトラミン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のヘキソーゲンの言及

【シクロトリメチレントリニトラミン】より

RDX,ヘキソーゲン,シクロナイトなどとも呼ばれ,第2次大戦中に大量に用いられるようになった高性能爆薬。単独では雷管の添装薬に使われている。…

※「ヘキソーゲン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android