コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炸薬 サクヤク

百科事典マイペディアの解説

炸薬【さくやく】

砲弾,爆弾などに詰め,これを裂させるために用いられる爆薬。古くは黒色火薬,次いで水を20%含ませた窒素量13%以上のニトロセルロースが用いられ,1885年ころからはピクリン酸,第1次大戦ではトリニトロトルエン,第2次大戦ではヘキソーゲンが代表的な炸薬であった。
→関連項目火薬下瀬火薬爆薬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さくやく【炸薬】

弾丸・爆弾・魚雷・地雷・機雷などに詰めて爆発させる火薬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の炸薬の言及

【爆薬】より

…前者は打撃,摩擦,加熱などによって確実に起爆される物質で,起爆薬とも呼ばれる。後者は起爆薬または伝爆薬などの助けを借りて,かなりの量のエネルギーを集中的に与えることで初めて確実に爆発する物質で,爆破作業を目的とする爆破薬blasting explosiveや,砲弾などに装てんして炸裂させるための炸薬bursting explosiveとして用いられる。また,I型およびII型爆薬と分類する場合もある。…

※「炸薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

炸薬の関連キーワード爆発成形型貫徹弾カッパーヘッドマンロー効果バズーカ砲マベリック装甲貫徹弾アマトール九五式魚雷エグゾセAT複合装甲成形炸薬層状装甲対戦車砲ATEFP滑腔砲バットランス擲弾銃

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android