コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘッドシーブ ヘッドシーブ head sheave

1件 の用語解説(ヘッドシーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘッドシーブ
ヘッドシーブ
head sheave

竪坑の巻上櫓の頂部に設置し,巻綱を受けてその方向を竪坑の方向から巻上機の方向へ変える鋼製の案内車。櫓頭滑車などともいう。運搬竪坑では,常に坑口の上に巻上櫓を建て,その頂部にヘッドシーブを備え,櫓の脚下付近の地上に設置した巻上機から伸ばした巻綱をシーブを通して竪坑内に降ろし,その先にケージ (→ケージ巻 ) あるいはスキップをつるして運搬を行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘッドシーブの関連キーワードキーストーン意を受けるざんざら笠竪坑・縦坑・立て坑アンテナゲイン塔受手台輪巻上る命を受けては家に辞せず国連ネパール支援団

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone