ヘパラン硫酸

  • heparan sulfate
  • ヘパランリュウサン

化学辞典 第2版の解説

heparitin sulfate.動物の結合組織に広く存在し,動脈組織,白血球,脳,腎臓,肝臓などに見いだされる.ヘパリンと同様に,N-スルホ-D-グルコサミン,N-アセチル-D-グルコサミン,D-グルクロン酸,L-イズロン酸からなる多糖で,二糖当たり1個の硫酸基を含むグルコサミノグリカン.硫酸基,L-イズロン酸基,N-硫酸基の含量が少ない点がヘパリンと異なり,抗血液凝固作用はない.タンパク質と結合したプロテオグリカンの形で細胞膜に普遍的な成分である.分子量2~15×103+38→+78°.ヘパラン硫酸の代謝異常症(ムコ多糖症)が知られているが,それらは分解に関与する特定の酵素が欠損している.機能としては,血管内皮細胞素表面への酵素のつなぎ手の役割や細胞の特異性発現,増殖の調節,相互認識,接着などへの関与があげられる.[CAS 9050-30-0]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android