コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘファイストス神殿 ヘファイストスシンデン

デジタル大辞泉の解説

ヘファイストス‐しんでん【ヘファイストス神殿】

Naos IfaistouΝαός Ηφαίστου》ギリシャの首都アテネの古代アゴラにあるドリス式の神殿。紀元前5世紀に建造され、古代ギリシャの神殿の中で最も保存状態が良いものの一つとして知られる。ギリシャ神話の火と鍛冶の神ヘファイストス(イフェスティオ)を祭る。アテナイ王テセウスのレリーフが多数施されているため、中世以来テセウスの神殿(テセイオンまたはテッシオン)と呼ばれていた。また、7世紀から19世紀までギリシャ正教の教会として使われた。ヘパイストス神殿イフェスティオ神殿ヘファイステイオン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ヘファイストス神殿の関連キーワードイフェスティオ神殿ヘパイストス神殿アギアトリアダ大聖堂アギオスゲオルギオス教会アギオスディミトリオス聖堂アテナニケ神殿アファイア神殿アフェア神殿アポロン神殿オリンピアゼウス神殿

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android