あごら

精選版 日本国語大辞典の解説

あごら

〘名〙 「あぐら(胡床)①」の古形。
※書紀(720)雄略四年八月・歌謡「大君は そこを聞かして 玉纏(たままき)の 阿娯羅(アゴラ)に立たし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あごらの関連情報