コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘマグルチニン hemagglutinin

デジタル大辞泉の解説

ヘマグルチニン(hemagglutinin)

ウイルスの表面に存在する糖たんぱく質の一つ。赤血球を凝集させる作用を持つ。インフルエンザウイルスでは、宿主細胞の表面にあるシアル酸を含む糖鎖と結合し、ウイルスを細胞内に侵入させる役割を果たす。赤血球凝集素HA(hemagglutinating)。
[補説]ヘマグルチニンによって宿主細胞に侵入し、増殖したインフルエンザウイルスは、ノイラミニダーゼという酵素によって宿主細胞から遊離し、他の細胞に感染を広げていく。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ヘマグルチニンの関連キーワードA型インフルエンザウイルス鳥インフルエンザムンプスウイルスインフルエンザH5亜型

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android