コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糖蛋白質 とうたんぱくしつglycoprotein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糖蛋白質
とうたんぱくしつ
glycoprotein

糖と蛋白質が結合してできた化合物。動物の腺様臓器 (脳下垂体,胃粘膜など) ,結合組織 (皮膚,関節,軟骨など) ,卵白および細菌細胞壁などに存在し,組織の形成物質となるもの,生体機能の潤滑作用や保護作用を営むものなどがあり,あるものは免疫学的および血清学的に重要な役割を果す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

とうたんぱくしつ【糖蛋白質】

糖やその誘導体を含む複合タンパク質の総称。生物体に広く分布する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

糖蛋白質の関連キーワード甲状腺刺激ホルモンアスパラギナーゼキャッスル因子複合タンパク質シアリダーゼブロメライン癌胎児性抗原不凍化蛋白質グルコサミン複合蛋白質細胞接着シアル酸誘導体ムチン木幡陽

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android