コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラナレン Crepidiastrum linguaefolium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘラナレン
Crepidiastrum linguaefolium

キク科の小低木。小笠原諸島父島母島に特産し,日当りのよい稜線や草地に生える。高さ数十 cmから 1mになり,茎は太く軟質で,表面に落葉痕が目立つ。葉は茎の上部に集って密につき,やや水平に開出する。葉身は長さ 15~20cmのへら形で先は丸く,黄緑色下面は粉白を帯び,質はやや厚い。冬の初めに,葉腋から直立する細い枝を出し,先端が細かく分枝して多数の頭状花をつける。各頭状花は直径1~1.5cmで,5個の舌状花星形に並び,白色または淡紅色を帯びる。痩果タンポポの実に似て白い傘形の冠毛がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android