コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルシンキのマーケット広場 ヘルシンキのマーケットひろば

1件 の用語解説(ヘルシンキのマーケット広場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヘルシンキのマーケットひろば【ヘルシンキのマーケット広場】

フィンランドの首都ヘルシンキ(Helsinki)市街南東部、フェリーが発着するエテラ港の最奥部に位置する広場。市民や観光客でにぎわう同市街の目抜き通りのエスプラナディ通りを東に抜けると、乙女を4匹のオットセイが取り囲む、バルト海の乙女像(ハービス・アマンダ像、Havis Amanda)がある広場に出る。ここがマーケット広場で花、果物、野菜、海産物などの露店が立ち並ぶ市が開かれ、多くのヘルシンキ市民の買い物客でにぎわいを見せている。広場の北側は野菜や果物、生花の露店が、南の港側には海産物の露店が、東側には革製品や手工芸などを売る露店が立ち並ぶ。基本的には朝市だが、夏季には夕市も立つ。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルシンキのマーケット広場の関連キーワードヘルシンキ宣言芬蘭スオメンリンナフィン級ヘルシンキ大聖堂フィンランド放送交響楽団ヘルシンキ・シティ・マラソンヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団ヘルシンキの夏至祭ヘルシンキ岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone