ヘルパハ(読み)へるぱは(英語表記)Willy Hellpach

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルパハ
へるぱは
Willy Hellpach
(1877―1955)

ドイツの心理学者。シュレスウィヒに生まれる。W・ブントの弟子。のち医学博士となる。バーデン州のカールスルーエ工科大学私講師、バーデン州文相、同首相、ハイデルベルク大学教授。地理的条件や気候などの精神に及ぼす影響を論じた『風土的精神現象』(1911)で国際的に知られた。この本は1950年に『風土心理学』と改題され版を重ねた。ブント以後のドイツの代表的な民族心理学者であり、また社会心理学者である。[宇津木保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android