風土心理学(読み)ふうどしんりがく(英語表記)Geopsychologie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風土心理学
ふうどしんりがく
Geopsychologie

自然的環境,特に気象,気候,地形,風景などと関係づけて人間の精神機能を研究する心理学で,W.ヘルパハにより提唱された。自然人類学では,風土心理学的問題は生態学的観点から取上げられている。極地,熱帯,水底基地,宇宙空間など,特異な環境における人間の問題として今日的意義をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android