コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民族心理学 みんぞくしんりがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民族心理学
みんぞくしんりがく

(1) ethnopsychology;folk psychology 種々の民族,人種などの社会集団の心理学的特性についての比較心理学的研究をいい,民族学・社会学者 R.C.トゥルンワルト,G.ウーズらによって発展させられた。 (2) Völkerpsychologie人間の言語,神話,風俗など精神的所産としての文化を発達的に研究する心理学をいい,W.ブントにより発展させられた。なおブントは,個々の民族生活についての心理学的な研究は民族性心理学 Volkspsychologieと呼び,(1) と区別した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民族心理学
みんぞくしんりがく
folk psychology英語
Vlkerpsychologieドイツ語
psychologie des peuplesフランス語

民族心理学という用語は、19世紀の中ごろ、ヘーゲルに始まる個人を超越した「客観的精神」を重視する哲学的基盤とヘルバルト流の心理学を背景として、ラツァルスシュタインタールが、『民族心理学と言語学の研究誌』(1860)を発刊したとき、初めて使われたといわれている。彼らは、民族心理学の目的は、客観的精神の原型ともいうべき民族精神の所産である言語、神話、宗教、文学、芸術、慣習、法律、家族、教育などの研究を通して民族精神を研究することであるとした。これをさらに発展させたのは、ブントである。
 ブントは、意識現象を究極的には心的要素の結合とみ、これを実験的に研究する「生理学的心理学」の体系を打ち立てる一方、民族精神のような高等精神作用は、社会的協同生活に依存するところが大きいから、その精神的所産である言語や神話、慣習などを通して研究する「民族心理学」を考え、これを「言語、神話、慣習などの発達原理の研究」と定義し、1900年から20年にかけて『民族心理学』Vlkerpsychologie 10巻の大著を発表した。
 ラツァルス、シュタインタールにしてもブントにしても、彼らの民族心理学はもっぱら既存の文献資料に基づく研究であったが、その後、実際に未開民族に接しての調査研究も行われるようになり、また個々の民族の特性を明らかにしようとする「民族性心理学」を提唱する者も現れたが、この種の研究方向は、やがて文化人類学、社会人類学、民族学などに統合吸収されてきている。他方、孤立した個人の心性を超えた客観的精神、集団心理の問題は、社会心理学、集団心理学として扱われるようになっている。[辻 正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の民族心理学の言及

【社会心理学】より

…他方E.デュルケームは,社会学的立場から,個人意識とは区別された平面で集合表象を重視し,それをもって宗教,道徳などの研究に進んでいる。ドイツでは,W.M.ブントらがさまざまな社会,国家の特有の精神的特徴に注目し,民族心理学を提唱した。なお,これとは流れを異にするが,E.トレルチやM.ウェーバーによる宗教や実践倫理(エートス)の考察も,後世の社会意識の研究に大きな影響を与えるものとなった。…

【ブント】より

…その立場は要素主義の色彩が強く,彼の心理学は構成心理学と呼ばれる。こうして彼は個人の単純な精神は生理学的心理学の研究対象としたのであるが,他方,人間の複雑高等な精神は文化や社会生活のうちに表現されるとして,それを民族心理学Völkerpsychologieが研究するものとした。そして1900年以降亡くなるまでの20年間,民族の言語,芸術,神話,宗教,法律,歴史を資料にして民族心理学の研究に没頭した。…

※「民族心理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

民族心理学の関連キーワードクリューガー(Felix Emil Krüger)ブント(Wilhelm Wundt)リュシアン レヴィ・ブリュールフェーリクス クリューガーヴィルヘルム・M. ブントB.K. マリノフスキーゲオルグ ジンメルM. ラツァルスW. ヘリパハドイツ社会学道徳社会学国防心理学桑田 芳蔵社会心理学文化心理学桑田芳蔵ジンメルヘルパハ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android