コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘロディアヌス Herodianus

世界大百科事典 第2版の解説

ヘロディアヌス【Herodianus】

180ころ‐?
ローマの歴史家。マルクス・アウレリウス帝の死(180)からゴルディアヌス3世の登位(238)に至るローマ史8巻をギリシア語で書いた。彼の生涯に関しては,3世紀初めにローマで下級役人をしていたこと以外はまったく不明で,諸説がある。一般に言われているところによれば,シリア出身で皇帝の解放奴隷であった。彼の作品は同時代人による情報として貴重ではあるが,教訓的,修辞的,表面的である。【市川 雅俊】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヘロディアヌスの関連キーワード干渉(波)傷害保険オーバーヘッドアプローチ全天カメラ満文老檔ヤシ経度マルクスアウレリウスアントニヌス干渉縞ターンタイプ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android