コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘロディアヌス Herodianus

1件 の用語解説(ヘロディアヌスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヘロディアヌス【Herodianus】

180ころ‐?
ローマの歴史家。マルクスアウレリウス帝の死(180)からゴルディアヌス3世の登位(238)に至るローマ史8巻をギリシア語で書いた。彼の生涯に関しては,3世紀初めにローマで下級役人をしていたこと以外はまったく不明で,諸説がある。一般に言われているところによれば,シリア出身で皇帝の解放奴隷であった。彼の作品は同時代人による情報として貴重ではあるが,教訓的,修辞的,表面的である。【市川 雅俊】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘロディアヌスの関連キーワード傷害保険オーバーヘッドアプローチ経度干渉縞ターンタイプ時効来栖けい円谷祐奈傷害特約日付変更線

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone