コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘロデス・アンチパス Hērōdēs Antipas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘロデス・アンチパス
Hērōdēs Antipas

[生]前21頃
[没]後39. ガリア
ガリラヤ,ペラエア領主 (在位前4~後 39) 。アンチパスとも呼ばれる。ヘロデ大王の子。大王の支配地を3兄弟の一人として譲り受け,ガリラヤ,ペラエアの領主となった。ガリラヤ湖畔に皇帝チベリウスにちなんでチベリアという首都を建てるなど親ローマ政策をとったが,他方ユダヤ人に対しても好意的で,エルサレムでの祭儀にも出席した。イエス・キリストの裁判のときもエルサレムにおり,ピラトが押しつけてきたイエスを愚弄してそのままピラトのもとへ送り返した (ルカ福音書 23・7~12) 。先妻と離婚して,兄の妻ヘロデアを妃としたため,先妻の父ナバテア王アレタス4世に攻撃されて敗れた。またバプテスマのヨハネがこの結婚を非難したので,彼を投獄。彼の話に耳を傾けたが,ヘロディアス (新約聖書ではヘロデア) の意向で彼を斬首した。のちヘロデス・アグリッパス1世と争い,ガイウス・カエサル (カリグラ) 帝に追放された。イエスにキツネと呼ばれた王でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android