ヘロン岩(読み)ヘロンがん(英語表記)heronite

岩石学辞典の解説

ヘロン岩

アナルサイムを含む優白質のテッシェン岩に相当する暗赤色細粒の岩石で,脈岩として産出する.ほとんどの正長石は球顆状で放射状の塊で,赤いアナルサイムのベースに含まれ,その粒間には放射状のラブラドライトと針状のエジリンが埋めている[Coleman : 1899].バロウはアナルサイムはネフェリンが自変成作用で形成されたとしている[Barlow : 1913].カナダ,オンタリオ州スペリオル(Superior)湖のヘロン(Heron)湾に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android