コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンケル ヘンケルHenkel KGaA

1件 の用語解説(ヘンケルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンケル
Henkel KGaA

ドイツの大手総合化学会社。 1876年 F.ヘンケルにより設立。家庭用および各種業務用洗剤を中心に業務を展開。 1907年に家庭用洗剤のペーシルを導入,20年代に接着剤の生産を開始。次いで家具用洗浄剤,化粧品,化学製品などへ多角化した。ペーシルのほか,接着剤のパテックス,化粧品のポリロックなどのブランドが有名。化学・医薬品工業向けの化学品では,ビタミンなどの食品添加物脂肪酸グリセリンソーダ灰などを製造する。家庭用ヘアケア製品でドイツオーストリアの最大手。年間売上高 200億 6500万マルク,総資産 174億 1700万マルク,従業員数5万 3753名 (1997) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヘンケルの関連キーワード秋月の乱スラブ音楽ロダン今村百八郎太田黒伴雄フェルサイト片岩熔岩リットン報告書大田黒伴雄神風連の乱

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘンケルの関連情報