コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリク司教(読み)ヘンリクしきょう(英語表記)Pyhä Henrik

世界大百科事典 第2版の解説

ヘンリクしきょう【ヘンリク司教 Pyhä Henrik】

?‐1156?
フィンランドで没したイギリス人のカトリック司教。初めスウェーデンのウプサラに渡り,そこで司教をしていたが,1155年春王子エリックとともに,フィンランドのポリの近くに渡り,キリスト教の布教活動を行った。フィンランドにキリスト教が公式に伝えられた最初だが,さしたる成果は上がらなかった。ヘンリク司教が,キリスト教をよく思わないある農夫に,氷結した湖上で殺されてしまったからである。言い伝えでは,1156年1月20日のこととされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android