コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリク ヘンリク Henrik

2件 の用語解説(ヘンリクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンリク
ヘンリク
Henrik

[生]?
[没]1157/1158
イングランド出身のスウェーデンウプサラ大司教 (12世紀中頃) 。エーリック9世のフィンランド布教に協力,トゥルク (オーボ) に拠って布教に従事したが,異民族支配に反抗するフィン人に暗殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンリク
へんりく
Henrik den Helige
(?―1156)

イギリス出身のカトリック教の司教。フィンランドの最初の聖者。12世紀なかばごろ、カトリック教会のニコラス・アルバノNicolas Albano僧正(そうじょう)(後の教皇ハドリアヌス4世)とともにスウェーデンに到着したと伝えられる。ウプサラの司教を務めていたが、フィンランドへのキリスト教布教の使命を帯びて、スウェーデン王エーリク9世とともに、1155年にフィンランド南西部に遠征した。その後彼はこの地にとどまり、布教活動に従事したが、フィンランド人の抵抗は強く、翌年冬、農民ラッリLalliによって暗殺された。
 のちにヘンリクは、フィンランド最初の聖人として崇(あが)められ、多くの物語や伝説が生まれ、敬虔(けいけん)な殉教者として偶像化された。彼の墓所に建てられたノウシアイネンNousiainenの教会に納められていた聖骨がトゥルクTurkuの教会に移されたあと、ノウシアイネンの教会に記念の柩(ひつぎ)が置かれた。[萩谷千枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘンリクの関連キーワード階乗NエヌN末端残基de Thou,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘンリクの関連情報