コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリク ヘンリクHenrik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンリク
Henrik

[生]?
[没]1157/1158
イングランド出身のスウェーデンウプサラ大司教 (12世紀中頃) 。エーリック9世のフィンランド布教に協力,トゥルク (オーボ) に拠って布教に従事したが,異民族支配に反抗するフィン人に暗殺された。のちフィンランドの守護聖人とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンリク
へんりく
Henrik den Helige
(?―1156)

イギリス出身のカトリック教の司教。フィンランドの最初の聖者。12世紀なかばごろ、カトリック教会のニコラス・アルバノNicolas Albano僧正(そうじょう)(後の教皇ハドリアヌス4世)とともにスウェーデンに到着したと伝えられる。ウプサラの司教を務めていたが、フィンランドへのキリスト教布教の使命を帯びて、スウェーデン王エーリク9世とともに、1155年にフィンランド南西部に遠征した。その後彼はこの地にとどまり、布教活動に従事したが、フィンランド人の抵抗は強く、翌年冬、農民ラッリLalliによって暗殺された。
 のちにヘンリクは、フィンランド最初の聖人として崇(あが)められ、多くの物語や伝説が生まれ、敬虔(けいけん)な殉教者として偶像化された。彼の墓所に建てられたノウシアイネンNousiainenの教会に納められていた聖骨がトゥルクTurkuの教会に移されたあと、ノウシアイネンの教会に記念の柩(ひつぎ)が置かれた。[萩谷千枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘンリクの関連キーワードロディ袋草紙ウラジーミルミュンヘン県内への避難者佐藤継信ボローニャ大学後白河天皇康朝後白河天皇

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘンリクの関連情報