コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイヒバ ベイヒバ

リフォーム用語集の解説

ベイヒバ

ヒノキ科 Chamaecyparis 属の針葉樹。漢字では米ひば。英名はYellow cedar。辺材は白から黄白色で狭く、心材は淡い黄色で長期間経つと濃くなる。肌目は中程度からやや緻密で、加工性や材の安定性、腐朽性に優れる。 建築材、内装材、船舶材、木型、などに使用される。ヒバの代用として使われる。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

世界大百科事典内のベイヒバの言及

【ヒノキ(檜)】より

…アメリカヒノキ(アラスカヒノキ)C.nootkatensis (Lamb.) Spach(英名Sitka cypress)はオレゴン州からアラスカに分布し,20~40mの高さになる。心材は黄色を帯びジャガイモ臭があり,日本ではベイヒバとも呼ばれる。球果が2年目に熟し,イトスギ属のモントレーサイプレスCupressus macrocarpa Gord.と自然の属間雑種をつくることもある。…

※「ベイヒバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ベイヒバの関連キーワードヒノキ科

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android