コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイヒバ ベイヒバ

リフォーム用語集の解説

ベイヒバ

ヒノキ科 Chamaecyparis 属の針葉樹。漢字では米ひば。英名はYellow cedar。辺材は白から黄白色で狭く、心材は淡い黄色で長期間経つと濃くなる。肌目は中程度からやや緻密で、加工性や材の安定性、腐朽性に優れる。 建築材、内装材、船舶材、木型、などに使用される。ヒバの代用として使われる。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

世界大百科事典内のベイヒバの言及

【ヒノキ(檜)】より

…アメリカヒノキ(アラスカヒノキ)C.nootkatensis (Lamb.) Spach(英名Sitka cypress)はオレゴン州からアラスカに分布し,20~40mの高さになる。心材は黄色を帯びジャガイモ臭があり,日本ではベイヒバとも呼ばれる。球果が2年目に熟し,イトスギ属のモントレーサイプレスCupressus macrocarpa Gord.と自然の属間雑種をつくることもある。…

※「ベイヒバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベイヒバの関連キーワード米檜球果植物

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone