コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベインブリッジ反射 ベインブリッジはんしゃ Bainbridge reflex

2件 の用語解説(ベインブリッジ反射の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベインブリッジ反射
ベインブリッジはんしゃ
Bainbridge reflex

静脈内に輸血して心臓への還流血液量を増加させると心臓の拍動数が増す。これをベインブリッジ反射という。この反射は心拍数が少いときのみに認められるうえ,神経支配を絶った心肺試料でも同様の変化が起るので,真の反射かどうか疑わしいとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

ベインブリッジ反射【Bainbridge reflex】

血流の増加,あるいは大静脈の入口部圧の増加による右心房の血圧の上昇の結果として起こる心拍数の増大.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベインブリッジ反射の関連キーワード大静脈肺循環自己血輸血大動脈内バルーンパンピングフォンタン手術循環血液量静脈内グルコース負荷試験心指数総肺静脈還流異常スターリングの法則

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone