大静脈(読み)だいじょうみゃく

百科事典マイペディアの解説

大静脈【だいじょうみゃく】

肺以外の全身から血液を集めて心臓に送る静脈の本幹。上大静脈と下大静脈とがある。前者はおもに上半身の血液を集めて胸部を下行し,後者は下半身の血液を集めて腹部を上行して横隔膜を貫き,ともに心臓の右心房に開口する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

だいじょうみゃく【大静脈】

毛細血管や中小の静脈にある血液を集めて右心房に入る、体循環系の静脈の本幹。頭部や上肢の静脈を集める上大静脈と、体幹・腹部・下肢の静脈を集める下大静脈とがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android