大静脈(読み)だいじょうみゃく

百科事典マイペディアの解説

大静脈【だいじょうみゃく】

肺以外の全身から血液を集めて心臓に送る静脈の本幹。上大静脈と下大静脈とがある。前者はおもに上半身の血液を集めて胸部を下行し,後者は下半身の血液を集めて腹部を上行して横隔膜を貫き,ともに心臓の右心房に開口する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

だいじょうみゃく【大静脈】

毛細血管や中小の静脈にある血液を集めて右心房に入る、体循環系の静脈の本幹。頭部や上肢の静脈を集める上大静脈と、体幹・腹部・下肢の静脈を集める下大静脈とがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐じょうみゃく ‥ジャウミャク【大静脈】

〘名〙 体の各部からの血液を集めて心臓の右心房へ注ぐ太い静脈の本管。上半身の静脈血を集める上大静脈と、下半身の静脈血を集める下大静脈とがある。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android